どっちも口の中キレイにするもの…とぼんやり思っている方に読んで欲しい

ホワイトニングで見た目をキレイに

歯を白くする仕組み

歯科医院で用いるホワイトニング剤には過酸化水素が含まれており、これが黄ばみの原因である色素と反応して分解、漂白することにより歯を白くします。オフィスホワイトニング(歯科医院に行っておこなう)、ホームホワイトニング(歯科医師指導のもと自宅でおこなう)ともに同じです。
オフィスホワイトニングを行うとマスキング効果も得られます。これはエナメル質の構造を一時的にすりガラス状に変化させるものです。光を乱反射させることで象牙質の黄色を見えないようにして歯を白く見せます。ただし、マスキング効果は一時的なものですので、ある程度時間が経つと元に戻ります。そのため、ホワイトニングは色素の分解を目的に行っていきます。

セルフホワイトニングは効果が薄い

ホワイトニングは色素を分解して漂白して歯を白くするとお伝えしましたが、これは歯科医院で行う、または歯科医師の指導のもと自分で行う場合で、歯科医師の手が入らないセルフホワイトニング(自分でホワイトニング用の歯磨き粉などでおこなう)では異なります。
セルフホワイトニングは、歯の表面の汚れを落とすことで歯を白くします。市販で買えるものですから、歯磨き粉の範囲を出ていないのです。そのため、着色汚れはある程度落とすことができますが、元の色以上に白くなることはありません。一方歯科医院で行うホワイトニングは、薬剤が象牙質まで浸透して作用するので、元の色以上に歯を白くすることができます。さらに歯の再石灰化を促進し強くしながらホワイトニングを行うところもあります。


この記事をシェアする